Archive for 11月 2014


保険を解約しないで保障額を増やす方法

11月 17th, 2014 — 10:13am

解約しない。損をしない。経済的にも負担にならない。こんな条件で保障
額を増やす方法は二つある。「転換制度」と「中途増額制度」だ。

結婚して保険を見直す際に一番重要なポイントは、保障額のアップです。しかし、保障額を変更するというと、どうしても保険料が増えたり今までの保険を解約して新たに加入し直さなければならない、といった損をするイメージが強いようです。ところが、決して損をしないで保障額を増やす方法はあるのです。ここでは保障額を見直すポイント、損をしないで保障額を増やす方法についてご説明しましょう。損をしないようにスムーズに保障を厚くする方法には、「転換」と「中途増額」の二通りがあります。まず、「転換」という制度です。転換制度は昭和五一年に作られ、現在加入している契約をもとに、新しい保険に加入するいわば保険の下取り制度です。具体的な方法は、現在、契約している保険商品の解約返戻金と配当金を一時払保険料として新しい保険の保険料に充当します。そして新たに設定した保険金額に対して、この一時払保険料だけでは足りない分を月払いや年払いで保険会社に払い込みます。ただし、保険金額によっては過去の健康状態を保険会社に報告する告知か、医師の診査が必要となりますので、健康状態によってはこの制度は利用できない場合もあります。

複数の保険に入っている場合はまとめて一つにすることもできる

また、もし同じ保険会社で二つも三つも保険に加入している場合は、まとめて一つの保険にすることもできます。この場合は、最高一〇件までまとめて転換することができます。ただし転換制度は、同じ会社の保険商品にしか適用できません。また加入して二年以上経過した一部の保険商品に限られています。しかしこの転換制度は、あくまでも契約者の立場に立った配慮がなされているものです。たとえば契約転換制度を使って新しく保険契約をしたときに、それ以前の過去五年以内に病気で入院したにも関わらず、それを告げなかったという告知義務違反があったことが保険会社にわかってしまっても、転換する以前に契約していた分の保険金は支払われます。しかし解約という手続きの後、新たに契約した場合に告知義務違反がわかったら、保険金はI切支払われません。健康な人と不健康な人が同じ条件で同じ保険料の負担をするということは、不公平になるからです。

Comment » | 保険(自動車)

Back to top