生命保険の口コミや評判を調べてみよう

9月 11th, 2014 — 2:24pm

皆さんは、保険に入る時、誰に相談しますか?

保険のプロ・フィナンシャル・プランナー(FP)に無料で相談できるサービスがあります。

こちらのサイトで、みつばち保険の口コミ・評判なども見ることができます。

無料保険相談の体験談などを見ていると、FPさんから必ず、保険商品のパンフレットをもらいます。全く知識がないと、どう見ていいか分かる人はいないでしょう。

相談する際に役立つパンフレットの読み方を勉強しましょう。

いろんなことが書いてあるように見えるパンフレットも、「保障内容」「保
障金額の設定」「特約のつけ方」を押さえればスラスラ読める。

三つのポイントでパンフレットを読みこなす

生命保険は型のない商品です。いうまでもなく、車や洋服を買うように現物を見て「ここがいい。あそこがよくない」と検討できません。そこで私たちが保険商品を選ぶときには、生命保険のパンフレットが大切な資料になります。

ここでは生命保険のパンフレットの読み方についてご説明しましょう。みなさんは生命保険のパンフレットを見て、まず何を感じますか? 「ごちゃごちゃしている」「どこをどう読めばいいかわからない」1 いずれにしても、積極的に読んでみようという気持ちになる人は少ないのではないでしょうか。たしかに、小さい字でいろいろ書いてあったり、なんだかよくわからないグラフがあったりします。しかしパンフレットのなかで、実際に契約者に必要なところは数箇所だけです。その他の内容はすべて飾りでしかありません。

つまりパンフレットを読むときは、いろいろな飾りに惑わされず、大切なポイントだけをつかむことが肝心なのです。パンフレットを読むポイントはたったの三つです。

①どのような保障内容か(期間を含む)
②保障金額はどのように設定できるか
③特約の種類にはどのようなものがあるか

まずチェックポイント①ですが、商品名の下に記載されている生命保険の種類を見てください。生命保険の種類を見ると、このパンフレットはどのような保障について説明しているかがわかるようになっています。

Comment » | 保険(生命保険)

保険を解約しないで保障額を増やす方法

11月 17th, 2014 — 10:13am

解約しない。損をしない。経済的にも負担にならない。こんな条件で保障
額を増やす方法は二つある。「転換制度」と「中途増額制度」だ。

結婚して保険を見直す際に一番重要なポイントは、保障額のアップです。しかし、保障額を変更するというと、どうしても保険料が増えたり今までの保険を解約して新たに加入し直さなければならない、といった損をするイメージが強いようです。ところが、決して損をしないで保障額を増やす方法はあるのです。ここでは保障額を見直すポイント、損をしないで保障額を増やす方法についてご説明しましょう。損をしないようにスムーズに保障を厚くする方法には、「転換」と「中途増額」の二通りがあります。まず、「転換」という制度です。転換制度は昭和五一年に作られ、現在加入している契約をもとに、新しい保険に加入するいわば保険の下取り制度です。具体的な方法は、現在、契約している保険商品の解約返戻金と配当金を一時払保険料として新しい保険の保険料に充当します。そして新たに設定した保険金額に対して、この一時払保険料だけでは足りない分を月払いや年払いで保険会社に払い込みます。ただし、保険金額によっては過去の健康状態を保険会社に報告する告知か、医師の診査が必要となりますので、健康状態によってはこの制度は利用できない場合もあります。

複数の保険に入っている場合はまとめて一つにすることもできる

また、もし同じ保険会社で二つも三つも保険に加入している場合は、まとめて一つの保険にすることもできます。この場合は、最高一〇件までまとめて転換することができます。ただし転換制度は、同じ会社の保険商品にしか適用できません。また加入して二年以上経過した一部の保険商品に限られています。しかしこの転換制度は、あくまでも契約者の立場に立った配慮がなされているものです。たとえば契約転換制度を使って新しく保険契約をしたときに、それ以前の過去五年以内に病気で入院したにも関わらず、それを告げなかったという告知義務違反があったことが保険会社にわかってしまっても、転換する以前に契約していた分の保険金は支払われます。しかし解約という手続きの後、新たに契約した場合に告知義務違反がわかったら、保険金はI切支払われません。健康な人と不健康な人が同じ条件で同じ保険料の負担をするということは、不公平になるからです。

Comment » | 保険(自動車)

簡保の定期保険で積立て

10月 28th, 2014 — 2:44am

では、「保険料は安ければ安いほどいいが、掛け捨てはちょっと… … 」という人には、郵便局の簡保の生存給付金を受け取ることができる定期保険をお勧めします。二五歳の男性がご生存保険金付定期保険・マイプランに加入する場合の保険料と保障内容です。

この簡保の特約は単独の医療保険にはおよびませんが、医療保障の内容が大変充実しています。とくに入院給付金の支払事由に該当する、たとえば交通事故で足を骨折し、二週間入院したというような場合や、退院後にケガや病気の治療のために通院をしたときに通院療養給付金が出る点は見逃せません。

福利厚生をかねて会社と保険会社か契約している保険もある

他にも割安で生命保険に加入できる方法があります。たとえば生保会社と契約をしている企業が生命保険加入の窓口になっている場合です。

この契約は社員の福利厚生の一環として行なわれているため、社員が支払う保険料は各生保会社一律で割引かれています。つまり横並び、どの保険会社も同じだということです。

また、企業が生保会社が割り引いた保険料にさらにプラスして、社員の保険料を少し負担しているところもあります。この制度の特徴は、社員は任意で生保会社の好きな保険商品に加入でき、また加入した場合は月々の給料から保険料が差し引かれることです。

つまり給料天引きということです。最近では企業が社員の福利厚生として、こういった制度を取り入れることも多くなっているようです。

ところで、セールスレディの言葉にただ耳を傾けているだけの人が多いようですが、セールスレディの説明のほとんどは、もちろん自社の生命保険商品のメリットばかりです。

黙って聞いていると、セールスレディが勧めてくれている商品以上によい商品はないように思えてくるでしょう。そんなときは、最低でも自分から次の五つの質問をして、その解答を聞いて本当に自分に必要な生命保険かどうか、さらには長くつき合っていけるセールスレディかどうかを見分けるようにしましょう。

セールスレディかき部品説明を受けるときは、必ずパンフレットが前に置かれます。そこでまず、パンフレットを前にして「貯蓄重視商品」か「保障重視商品」かを聞きます・次に「保険の種類」を聞いて、自分にぎの保障は必要かどうかをよく考えてください。

Comment » | 保険相談FP

生命保険はオーダーメイドの商品

9月 4th, 2014 — 4:08am

何百種類もあるように見える生命保険商品も、じっくり吟味すると、すべてはこれら三種類の組み合わせでできているのです。上はごく一般的な生命保険会社のパンフレットです。まず「商品名」と「保障内容」を見てください。保障内容は、「死亡保険」「生存保険」「生死混合保険」の三種類の基本保障のどれかに「○ ○ 特約」とついた保障が必ずといっていいほどついています。

この“特約”とは、何をつけるか、期間をどうするかでバリエーションを利かせ、本来の主契約、つまりメインとなる基本保障を補う形でつけます。もちろん、主契約のみの保障で充分という人は特約をつける必要はありません。では、どんな保障を特約としてつけることができるのでしょうか。

主契約である定期保険と養老保険は、特約としてもつけることができます。その他にも特約の種類は数多くありますが、これらについては巻末に特約用語としてまとめました。たとえば、一生涯の保障が得られる終身保険を主契約とした場合、どんな特約をつけることができるかを見てみましょう。もし「子供ができたから」という理由で、一定期間だけ保障に厚みを持たせたいときは、この主契約に一定期間の保障をしてくれる「定期保険特約」を付加して「定期特約付終身保険」とすることができます。

ちなみに、この定期特約付終身保険の保険金額は、主契約の終身保険が五〇〇万円、特約の定期保険には九五〇〇万円ぐらいの契約が一般的なようです。いろいろな商品名が出てきましたが、これらについては追ってご説明するとして、要するに特約とは、契約者自身が欲しい保障に忠実に、主契約に付加していくものだということです。

いうならば、煮物を塩味にするかしょうゆ味にするか、または塩風味のしょうゆ味にするのかというように自分好みの味付けにするようなものです。このように考えると、生命保険とはオーダーメイドの商品だといえます。

自分が本当にほしい型の保障を、自分で好きなように注文できるということなのです。だからこそ、それぞれの保険内容を理解して、自分にどの保障が必要なのかを把握することが大切になってくるわけです。自分だけの生命保険をオーダーするということは、自分で目的を持って契約するということですね。つまり、自分が本当に欲しい保険を買うということになります。これこそが、生命保険を契約することの本来の意義なのです。

保険の口コミランキングはこちらが参考になります。

Comment » | 保険(生命保険)

保険会社との示談交渉

8月 19th, 2014 — 9:23pm

■被害者が保険会社との示談交渉で注意すること

軽いケガならまだいいのですが、後遺症などの障害が残るような大事故の場合、一生後悔することになってしまいます。では、実際に示談交渉をするにあたって、どんなことに注意すればよいのでしょうか。示談交渉は通常何回にも渡って行われるものです。ですから、示談交渉をした年月日とそのときに話し合われた内容をできるだけ詳しくメモしておくことです。

できれば、ボイスレコーダーなどに会話をすべて録音しておきましょう。次に、話し合いに臨むときは常に平常心を保つように心がけます。結局、最終的には金銭で補償が行われるわけですから、多く払ってもらうのに越したことはありません。

冷静に構えて、こちらの言い分をはっきりと相手の担当者に言うようにします。ところで、保険会社の担当者が「もうこれ以上出せない」といっても、それは任意保険会社の内部基準で出せないということにすぎません。

真に受ける必要はなく、弁護士に相談するなどして、本当はどうなのか冷静に検討してみなければなりません。どうしても納得できない場合には、示談に応じる必要はありません。この場合は、最終的には裁判所に対して損害賠償請求訴訟を提起することになります。その前に、各都道府県や市の法律相談所、日弁連交通事故相談センターや交通事故紛争処理センターに示談あっせんを申し立てる方法もあります。

■被害者が示談屋や事件屋を立ててきたら

基本的には特別扱いせず、できることはできる、できないことはできないと毅然として交渉することです。被害者または代理人として介入してきた人物が、いわゆる暴力団対策法による指定暴力団の組員である場合には、警察に援助を申し出ることもできます。

よく考えることなく示談屋・事件屋の持ってきた書類にハンコを押すことは絶対に避けるべきです。いずれにしても、自分1 人で対応するのが困難なときは、早めに弁護士や保険会社の担当者に相談するとよいでしょう。

Comment » | 保険(生命保険)

保険金の請求には事故証明が必要

7月 14th, 2014 — 2:05pm

保険金の請求には事故証明が必要である

自動車保険には、強制保険と任意保険があります。強制保険は加入することが法律で義務づけられている保険で、自動車損害賠償責任保険( 自賠責保険) ともいいます。強制保険に加入していない車は公道を走ることができません。ただ、強制保険は被害者を保護するための最低限の補償しかありません。

そこで、強制保険でまかなえない部分を補うのが任意保険です。任意保険に加入するかしないかは自由です。どちらを請求する場合にも「交通事故証明書」と「事故発生状況報告書」などの書類の提出が必要になります。事故証明書には、事故が、いつ、どこで、どのようにして起きたかが記載されています。交通事故証明書は自動車安全運転センターで、事故発生状況報告書は保険会社で入手できます。

警察への事故報告をしていないと、交通事故証明書が発行されず、その後の手続きに遅れが出てしまいますので、気をつけましょう。

任意保険に加入している場合

保険契約の詳細な内容は、約款に記載されています。約款とは、多数の取引を画一的に処理するために、あらかじめ契約内容を定型化したものです。自動車保険約款では、保険契約者または被保険者は事故発生を知った後すみやかに、事故発生の日時・場所、事故の概要を保険会社に通知しなければならない、とされているのが通常です。事故について最初に保険会社に連絡する際は電話でもかまいませんが、その後、書面で詳細を通知する必要があります。書面での通知には、事故発生の日時・場所、被害状況、被害者の住所・氏名( または名称)、事故について証人がいる場合はその者の住所・氏名( または名称)、損害賠償の請求を受けた場合はその内容を記載します。通知を怠ると保険金が支払われない場合もあります。人身事故の場合、事故発生日の翌日から60日以内に通知がなされなければ、原則として保険金を受け取ることはできなくなります。

被害者は何をすべきか

今日の車社会では、誰がいつ交通事故の被害者になっても不思議ではありません。突然、交通事故の被害に遭ったとき、被害者はどのよ引こ対応すればよいのでしょう。まず、事故に遭った被害者がしなければならないことは、加害者の住所や氏名を聞きだすことです。

その後の連絡がスムーズにできるよ引こ、自宅や勤務先の電話番号も聞いておきます。その際、運転免許証や身分証明書、車検証などを見せてもらい、嘘や偽りがないかを確認しましょう。

さらに、自賠責保険証書、任意自動車保険証書なども確認し、内容をメモしておくとよいでしょう。

万が一、加害者が損害賠償に応じない場合には、被害者が直接、加害者の加入する保険会社から、支払いを受けることもできるからです。

道路交通法上の緊急措置義務や事故報告義務は、加害者だけでなく被害者にも課されています。事故の程度が軽いからといって報告義務を怠る人もいますが、届出は法律上の義務であり、保険金の支払いを受けるための条件でもありますから、必ず警察に届け出るようにしてください。

Comment » | 保険(自動車)

自動車保険を安くするためには

6月 26th, 2014 — 12:58pm

車両保険はいらない狙いは格安の外資系私は、2?3年に1回ぐらいのぺースで駐車違反の町符を切られ、運忠くゴールド免許を逃してばかりいるような、ごく普通のオジサン。

クルマだって、税金が安いというだけで、3.3㍑エルグランドをあきらめ、2.7㍑のレジアスにしたぐらいだから、任意保険も安いのが。番。もちろん、車両保険なんか入ってない。

仕事に忙殺される毎日のなか、まずはインターネットの見積りサイトで検索すると、予想通り、おすすめ保険は全部外資系のものばかり。このまま外資系に決めてしまうのもナンなので、以前から気になっていたJA共済にも見積りを頼んでみた。

昔、練馬区のJA に連絡を入れたところ、口座がないと入れないと断られたことがあったが、電話口の女性は今回は愛想良く応対。他の損保と何ら変わらない。これは期待できそう… … 。

出てきた見禎書は3万3550円と、現在加入している国内損保が4万円弱なのに較べるとぐっと安くなってきた。外資系や新規参入組はサービスも充実このへんで本命の外資系にいきたいところだが、新聞広告でちょっと気になる批保を発見。世界のビ。グブランド、ソニーの名を冠しか保険会社は、なにかひと味違いがありそうだ。さっそくインターネットで見積りを発注。すると出てきた金額にびっくり。3万1190 円と、一気に金額はダウン。

くいくサービスやレッカーサービスなど、トラブル時のサービスの充実度もピカイチだ。外資系のリスク細分型は、さすがに安いのひと言。なかでも一番安かったアクサダイレクトは、免許がゴールドならさらに2000 円も安くなるそうで、何だか「この金額でポンドに大丈夫? 」と心配になってしまうほど。

さて、ここまで訓べてしまうと、選択は簡単かと言えば、そうはいかない。アメリカンホームやチューリッヒなどには、弁護士特約なんていうオプションがある。

これって何? 聞いてみると、もらい事故で10対O という一方的な事故の場合、被害行側の保険から示談サービスが行なえないため、このときのための弁護士特約だそうな。保険料の安さといい、サービスの充実度といい、やはり外資系の自動車保険は、競争のなかから生まれたことを感じさせるに十分だった。

Comment » | 生活

野菜は健康に欠かせない栄養が沢山ふくまれている

6月 26th, 2014 — 2:31am

野菜には、人体や健康に欠かせない非常に重要な成分が、たくさん含まれています。 プロローグでも触れたメラトニンなどの抗酸化物質も、その一つです。私たちの体が老化したり、また病気になるのは、体の細胞が酸化していくことが原因です。つまり、錆つくためといいかえることができます。錆つかせるのは、私たちの体内でつくられる活性酸素(フリーラジカル)によるものです。

活性酸素については前にも触れましたが、重要なことなのでくわしく説明します。

活性酸素は酸素といっても大気中の酸素と異なり、非常に酸化力が強い性質をもっています。したがって活性酸素は、体内の物質にとても反応しやすいのです。 そもそも活性酸素は、外から侵入する細菌やウイルスなどを殺菌するためにつくられます。

しかし、いろいろな原因により活性酸素が過剰になると、悪い細菌類だけでなく、大切な体内の脂質と反応して、体によくない過酸化脂質に変えてしまいます。 過酸化脂質が慢性的に増えると、体の遺伝子DNAを傷つけます。

その結果、さまざまな生活習慣病である各種ガンや血管・血液性疾患(血栓症、脳卒中、狭心症、心筋梗塞ほか)、糖尿病、その他肝臓・腎臓疾患、白内障、アレルギー性疾患、痴呆症、肥満症、便秘症、更年期障害などを引き起こします。

つまり、活性酸素は「万病の元」といえます。 活性酸素を増やしてしまうのは、なんといっても食生活です。脂質の多い肉やフライなどが中心の食生活をつづけ、そのうえに野菜が不足気味となれば、活性酸素はどんどん増えてしまいます。

その結果、細胞は日々壊され、生活習慣病に冒される危険が非常に高くなります。 そのほか体内で活性酸素を発生させるものとしては、農薬や化学肥料で育てられた食物や化学添加物を含んだ加工食品、化学処理された水道水などもあげられます。 これらはふだん、私たちが口にしているものばかりです。そのため、早い人は20歳代で生活習慣病に見舞われます。

ただ、私たちの体は活性酸素が過剰になったからといって、手をこまねいているわけではありません。

体内に対抗措置を準備しています。SOD(スーパー・オキシド・ジスムターゼ)などの、抗酸化酵素と呼ばれるものです。SODは増えすぎた活性酸素を分解して、体内の活性酸素のバランスを保つ働きをします。

このSODは、若いときほど活発につくられます。皮膚の細胞を例にあげれば、若い女性が紫外線を大量に浴びガングロになっても、なんとか皮膚の健康を保つのはこのSODのおかげです。

しかし、35~40歳を境に、SODがつくられる量は急速に低下します。そのため、紫外線で傷めつけられた皮膚は修復が不可能になり、シミやソバカスが増え、皮膚の炎症を起こしたりします。

シワやシミ、ソバカスだけならいいのですが、皮膚細胞の遺伝子DNAが破壊されると、ついには皮膚ガンを起こします。 ちなみに地球は今、オゾン層の破壊が進行していて、特に南半球は紫外線量が増え、そのためオーストラリアでは皮膚ガンが急増中です。

Comment » | 生活

Back to top